ロレックスのデイトジャスト41の厚みは?

ロレックスコピーのデイトジャスト41の厚みは12.0mmです。これは、ロレックスのスポーツモデルであるサブマリーナーノデイトの厚み11.5mmよりも若干厚いですが、ロレックスのドレスウォッチであるデイトデイト40の厚み13.5mmよりも薄いです。


デイトジャスト41の厚みは、時計のケースの厚さと風防の厚さの合計です。ケースの厚さは、時計のケースの横から見たときの厚さで、風防の厚さは、時計の文字盤を覆っているガラスの厚さです。

デイトジャスト41のケースは、ロレックス独自のオイスターケースを採用しています。オイスターケースは、ネジを締めて密閉する構造になっており、防水性を高めています。また、オイスターケースは、ステンレススチール、イエローゴールド、ホワイトゴールド、プラチナの4種類の素材から選ぶことができます。

デイトジャスト41の風防は、サファイアクリスタルを採用しています。サファイアクリスタルは、非常に硬く傷つきにくい素材で、時計の文字盤を保護するのに最適です。また、サファイアクリスタルは、透明度が高く、文字盤をクリアに見ることができます。

デイトジャスト41の厚みは、時計のサイズ感や装着感に影響します。厚みが薄い時計は、手首にぴったりとフィットして、装着感が良いですが、厚みが厚い時計は、手首から浮いてしまい、装着感が悪いことがあります。

デイトジャスト41の厚みは、12.0mmで、適度な厚みがあり、手首にぴったりとフィットして、装着感が良いです。また、デイトジャスト41は、ケースの厚さと風防の厚さのバランスが取れており、時計のサイズ感も良好です。

「ロレックスのデイトジャスト41の厚みは?」への0件のフィードバック

  1. 腕時計DWメンズは、シンプルでありながらもモダンで洗練されたデザインが特徴で、幅広い世代に愛されます。

  2. ロレックスの新作2021年モデルは、最新の技術やデザインが取り入れられています。新しいラインアップはファッション性と機能性を両立させた注目のシリーズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です